TOP > エクストリームとは? > スタッフ

ルール | 観戦のすすめ | スタッフ | お問い合わせ

スタッフ紹介

ご報告

これまで長年にわたり、エクストリームスタッフとして活躍してきた庄司さんですが、このたび諸事情により所属のNPO法人社会動物環境整備協会を退職することになり、これまでのようにエクストリームのスタッフ参加のためにスケジュールを取ることが難しくなってしまいました。

そのため、レギュラースタッフとしての参加は6月の信越北陸地区大会が最後となり、その後はスケジュールが取れたらスタッフ参加する。という形になります。

以下、庄司さんからのご挨拶です。

−−−−−−−−

こんにちは、庄司弥生です。
私事で大変恐縮ですが、6月20日をもちまして退職することとなり、それに伴い、
新潟での地区大会を最後にエクストリーム運営のレギュラーメンバーから外れることとなりました。

お手伝いで参加していた専門学生時代を含めると15年間、エクストリームの運営に携わってきました。人生の約半分の年を犬業界、そしてエクストリーム運営スタッフとして参加できたこと、本当に誇りに思っています。
15年間でたくさんの思い出ができました。今でこそベテランの走りを見せている飼い主さんとワンちゃんが初めて参加した時、なかなか完走できなくて苦戦していたワンちゃんが初めて完走した時、飼い主さんと愛犬の絆が見えた瞬間、ジュニアハンドラーの成長などなど……大会での一走一走が貴重な経験や思い出として残っています。

体力的にキツイと思うことも正直ありましたが、飼い主さんとワンちゃんが楽しそうにしている姿を見て癒され、やりがいを感じていました。参加者の皆さん同様、私もエクストリームの雰囲気が本当に大好きで、その雰囲気を作り出していた参加者の皆さんや関係者の皆さんに支えられて、ここまで続けることができたと思っています。本当にありがとうございました。

今後は犬業界から離れる予定ですが、犬が大好きなことには変わりありません。都合が合えばスタッフ参加したいと思っていますので、もし会場でお会いしたら、あたたかく迎えていただけると嬉しいです。

本当は参加された方や関係者の方、一人一人にきちんとお礼をお伝えしたいのですが、この場をお借りして皆さまへのご報告とお礼とさせていただきます。

いちエクストリームファンとして、参加者の皆さま、そして関係者の皆さまが素敵なドッグスポーツライフを過ごせるよう、心から願い、そして応援しています。
長い間お世話になり、本当にありがとうございました!

庄司 弥生

−−−−−−−−

庄司さんはエクストリームのキャリアも長く受付周りの要でしたので離脱はとても痛いのですが、新メンバーを迎えてしっかりと運営してまいりますので、よろしくお願い致します。

エクストリーム事務局

2018年シーズンスタッフ紹介

エクストリームのスタッフは、代表の橋本を除き全員、他の仕事を持つ有志で、エクストリームのイベントの時だけ会場に集結し、エクストリームのイベントの運営を手伝って下さっています。こちらでは各スタッフを紹介させていただきます。
現場でもよろしくお願いいたします。

橋本

庄司

今村

山本

佐藤

稲地

大西

※画像をクリックすると所属団体やお店に飛びます。

このページの一番上にいく